一戸建ての分譲と仲介の違い

###Site Name###

一戸建て住宅の販売形態には分譲販売と仲介販売との二つがあります。
分譲というのは、不動産会社などの売り手から直接買うことを指します。

不動産会社は土地を取得してそれを小分けにし、そこに建物を建築して販売をします。



販売をするときには子会社の販売店を利用することもありますが、基本的には売り手が直接販売するという形になっています。

新築の一戸建て住宅を販売するときには分譲の形がとられることが多いです。

仲介による販売というのは、売り主と買い主との間に不動産会社が入ることを指します。
売り主は不動産会社に売却を依頼し、買い主は不動産会社に購入を依頼します。

快適生活!一戸建てメリメリメリットに対する期待が寄せられています。

そして不動産会社は条件の調整や契約書の作成などを行って売買の成立をサポートします。

一戸建て住宅の中でも中古物件の売買を行うときに用いられるケースが多いです。

販売網を持たない個人が売却する際にこの形をとることが多いです。



分譲販売と仲介販売のどちらにもメリットとデメリットとがありますが、手続き上で最も大きな違いは仲介手数料でしょう。仲介販売の場合、不動産会社が間に入り、この不動産会社に対して仲介手数料を支払わなければなりません。

ですから、売買代金以外の費用が発生するという点に注意しておかなければならないのです。

分譲販売の場合には、手数料がない分だけお得感はあるかも知れませんが、不動産会社の利益は最初から価格に上乗せされていると考えておく方が良く、この違いは手続き面での違いだと考えておいた方が良いです。